金持ち父さん読んだけど、未だにクワッドランドEの人におすすめの本!

ビジネスオーナーになりたい人が学ぶべき知恵をあなたに届けます。ビジネスオーナー?何になるにも大事なのは「人間力」だろーが!あきらめたら、そこで試合終了ですよ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『敬意を持って、相手の話を聞いてみよう』

おはよーございます!ゆーやです!

また、仲間との語らい&打ち上げで徹夜してきました!
おかげで昨日は一日中ネムネムの日。
徹夜すると翌日には何もできない。。

まあ、よくある話。(笑)

錦糸町の外国人キャバクラで打ち上げをしたんだけど、そこへ向かう道中の客引きが多いこと!

ところが、視点を変えると色々な発見ががありました。

さて、今日のあなたの人生を豊かにする言葉は
『敬意を持って、相手の話を聞いてみよう』
です。

今までだったら、気にもしない、ただ迷惑としか考えてなかった客引き、しかも外国人。

でもレベルアップした今は違う。

この人たちは、どういうビジネスの上で働いているのか?
どういう仕組みでいくらの給料になっているのか?
そんな視点をもったら、興味が出た。

インド人っぽい色黒な人に話かけてみたときのこと。

「オニイサンタチ、もう一件キャバクラはイカガデスカー?
安くシマスヨ。1人3000円。女の子のドリンクも1杯ずつサービススルヨー。」

「こんばんわ。お疲れ様です。あなたはどちらから来られたんですか?」

「バングラディッシュだよ。」

変な顔もせず、気さくに答えてくれた。

「バングラディッシュ・・・ってどこにあるんでしたっけ?」

「インドの隣だよ。」

「お名前は何て言うんですか?」

「カンと申します。」

名前を聞いたら「カンさん」ということが分かった。
インド人だと思ってたら、バングラディシュ人だって。

そして、日本語がペラペラ。

「カンさんは、なんで日本で働いているのですか?」

「バングラディッシュじゃ、給料少ないよ。生活が大変。
月の給料は日本円で言うと1万円くらいダヨ。
日本企業の工場もあるよ。ユニクロの工場もあるよ。
そこでも1万円くらいだよ。」

安い労働賃金を求めて海外工場を持っていう企業はたくさんがあるが、あのユニクロも既にバングラディッシュにも工場があるってこと。しかも人件費として、月に1万円!

中国でも平均給料が月3万くらいだから、さらに1/3だという。

これは、経営者側の視点だけど。
これからは、そういう単純作業は中国から、さらにそういう安い国へ流れていくでしょう。
また、お金がその国へ流れるってことだから、その国のそいう生産工場の企業の株価は全体として上がっていく傾向にあるはずってこと。

さて、会話に戻ろう。

「カンさんは、お客さんをお店に連れて行ったら、いくらのもらえるんですか?」

「人数増えても、あまり変わらないよ。給料制ダヨ。月に25万くらい。正社員になったんだ。そこから家族にお金を仕送りしてる。」

完全歩合制だと思ってたけど、以外とちゃんとしてるみたい。

「休みはありますか?」

「週に1日アルヨ。」

1週休1日じゃ、労働基準法違反だよ。。
やっぱりちゃんとしてる会社じゃないかも。。
こういう裏街道じゃ仕方ないか。。
また、それでも働きたいという国の人がいる限り、需要と供給のバランスがあるってこと。
訴える人もいなければ、個人経営の会社ならありになってしまう。

年金や社会保険なんかも、当然支払ってないよな。。
つまり、外国人を雇ってるこの人の会社は、日本人を雇う金額の半額で雇ってるってことだ。


「会社で契約してるお店は、昔は20件くらいあったけど、今は5件くらいしかないんだ。みんなツブレタ。」

うーん、不景気の波は、やっぱりこういう飲み(余剰金額)から削られますからね。けっこうダイレクトに響くってわけか。

「どれくらい日本で働いているんですか?」

「もう16年ダヨ。」

「さびしくないですか?」

「寂しいよ。」

「たまには家族のところへ帰れてますか?」

「年に1回は、帰ってる。安い飛行機(LLC)使えば往復で8万円くらいでいける。」

東京錦糸町に住んでて、給料25万円から家族に仕送りして、一年に一度は里帰りもする。
かなり質素な暮らしをしているはず。
しかも家族と離れて、異国の地で、外国語を操って。

これって凄い人だと思いませんか?

あなたが、これからアメリカやドイツへ行って、英語やドイツ語を使って働いて、もらった給料の一部を仕送りして、自分は質素な生活をするってことだよ?

できる?僕にはできない。。

だから、それをやりのけてるカンさんは、それだけで、すごい人だ。人生の先輩だよ。

すごい人だと思ったので、こんな提案もしてみた。

「カンさんは、こんなに日本語が上手だから、バングラディッシュで日本語教える学校とか開いたら、みんなのためにもなるし、いいんじゃないですか?」

「学校とか開くには、お役人に、ワイロとかお金たくさん払う必要があるんダヨ。だから、難しいんだ。」

国の政治、役人はそういうレベルなのか・・・
逆にお金さえあれば、いいことから悪いことまでまかり通ってしまうのかも。。

「そうですか。大変なんですね。色々と教えていただき、ありがとうございました。頑張ってください。」


僕はその場を後にした。


今まで、こんなこと考えても見なかったし、話を聞いたこともなかったけど、敬意をもって話しを聞いた結果、色々なことに興味を持てるし、そして、知りえない情報をリアルに手に入れたってことになる。

これからは、国、企業という形、境界線以上に、個人が世界とつながっていく時代だと思ってる。

だから、各国の情報や人とのつながりを持つにはどうしたらいいか、気にしていたほうがいい。

いや~、世界ってほんとに面白いですね。

こういうこと、知ってる人と、知らない人、あなたが社長なら、どっちを雇う?ってこと。


ほなね~

関連記事

テーマ : 日々、想うこと
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

秘密

   
勉強家の訪問者数
プロフィール

あなたの胸のドキドキとピカピカの笑顔で加速する!ハートキャッチボクサーエンジン搭載!知の長もの鍛冶屋いのうえゆーや

Author:あなたの胸のドキドキとピカピカの笑顔で加速する!ハートキャッチボクサーエンジン搭載!知の長もの鍛冶屋いのうえゆーや
あなたが良い本と出会えますように!

最新記事
カテゴリ
Pingooランキング
ブログランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング
アクセス解析
FXトレーダー
クリック募金
クリックで救える命がある。
おお様の耳はロバの耳~窓口
聞きたいことがあれば、お気軽にどうぞ。僕が全力でお答えします!

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。