金持ち父さん読んだけど、未だにクワッドランドEの人におすすめの本!

ビジネスオーナーになりたい人が学ぶべき知恵をあなたに届けます。ビジネスオーナー?何になるにも大事なのは「人間力」だろーが!あきらめたら、そこで試合終了ですよ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『努力を水の泡にさせないために』

会社って、いろんなルールがあるよね~。

昨日もΦ6mmのチューブ配管の継手を海外に出荷するために、
いろんな書類を作ったり、メーカーから輸出貿易管理令の該非判定書など取り寄せて、
最後、ハンコ押す人のところへ行ったの。

そしたら、「書類書いた人と、実際にもっていく人が、そろって、「私は密輸しません」っていう誓約書を書いて持ってこないと承認印はおせません!そういうルールになってます!」

だって。
(´Д`)ハァ…


午後中、別な部署に書類作ってもらったり、
部品メーカーに書類準備してもらったり、
チェックしてもらったりした時間や協力者の努力が全て水の泡となりました。


さてさて、この水の泡。


昔の僕であればそう思っただけで終わったかもしれないけど、

なぜ、こんなことが起こったのか?

どうすれば、皆が幸せになれるのか?

考えてみました。



まず、誰も悪くない。

最後の承認印を押す責任者も、そういう、会社のルールに従っているだけで、自分の仕事をしてますね。

じゃあ、何でそんなルールができたのか、ってことになるんだけど、

やっぱりヒヤリ・ハットがあったからだと思う。



輸出貿易管理令っていうのは、れっきとした日本の法律で、

海外に部品を輸出するときに、その部品が、第三国にとって兵器の開発などに使われる心配はないってチェックするための法律。

だから、全ての部品に対して、輸出するときには、チェックしなさい、そのチェックした履歴を書類で残しなさいってルールになってる。


単純に考えると、その法律が、一から十まで全部チェックしなさいってルールを決めているから、そんな継手一個、ネジ一本でも、それだけの時間を準備して書類を作らなくちゃいけない。


じゃあ、その法律を決めた人が悪いのか?って言いたい気持ちにもなったけど、もう少し考えてみる。

その法律を決めた人が、こういう会社で何が起きているのか、本当に理解してるか?
ってこと。


兵器の部品になったら、そりゃ僕らだって困る。

だけど、どう考えても関係ない、ネジ一本、継手一個だけに、それだけ時間をかけて書類準備したわけです。

いくつかの部署の、何人かに作業してもらったわけですから、人件費だけで、ざっと10万くらいはかかってます。


すると、それだけの経費を見込まなくてはいけなくなるので、日本の製品は高くなる。

高くなると売れなくなる。

デフレが続く原因の一つにもなりかねない。



そういう、現場の声やかかった時間を法律をつくった人に伝えたことがある人がいたのかな?って思って。

少なくても、僕はやったことない。


文句や批判ではなく、事実と改善案として、報告すること、フィードバックしてあげることって、1mmでも役に立つと思わない?


だから、あなたも、日頃がっかりすることや、文句を言いたくなる場面が出てきたら、その根っこは何なのか?
どうすれば改善できるのか、考えてみると成長できると思うのよ。


ちょっと、やってみてちょ!



ほなね~


ゆーや。
関連記事

コメントの投稿

秘密

   
勉強家の訪問者数
プロフィール

あなたの胸のドキドキとピカピカの笑顔で加速する!ハートキャッチボクサーエンジン搭載!知の長もの鍛冶屋いのうえゆーや

Author:あなたの胸のドキドキとピカピカの笑顔で加速する!ハートキャッチボクサーエンジン搭載!知の長もの鍛冶屋いのうえゆーや
あなたが良い本と出会えますように!

最新記事
カテゴリ
Pingooランキング
ブログランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング
アクセス解析
FXトレーダー
クリック募金
クリックで救える命がある。
おお様の耳はロバの耳~窓口
聞きたいことがあれば、お気軽にどうぞ。僕が全力でお答えします!

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。