金持ち父さん読んだけど、未だにクワッドランドEの人におすすめの本!

ビジネスオーナーになりたい人が学ぶべき知恵をあなたに届けます。ビジネスオーナー?何になるにも大事なのは「人間力」だろーが!あきらめたら、そこで試合終了ですよ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ★★★★☆置かれた場所で咲きなさい 渡辺和子


置かれた場所で咲きなさい置かれた場所で咲きなさい
(2012/04/25)
渡辺 和子

商品詳細を見る


【おすすめ度】★★★★☆

悩みを抱えている人、生き方に迷っている人におすすめです。
そんなあなたが大切なんです。


読んだ目的:

より成長しようと考えている自分は間違っているのか?今の境遇でいるべきなのか?と迷いもあったので読みました。


概要、感想:

タイトルから連想していた内容とは違って、生きるための原理原則がかかれていました。

早とちりでしたね。(^_^;)

分かっていてもなかなか実行できないこと、自分の身に染みる言葉がたくさんあり、優しい気持ちになれました。


結論:

迷っている自分もいていい。選択する自由をもってるってこと。


以下、エッセンス。
■置かれたところで咲く

私はいつの間にか”くれない族”になっていました。「あいさつをしてくれない」「こんなに苦労しているのに「ねぎらってくれない」「わかってくれない」

その詩の冒頭の一行、それが「置かれたところで咲きなさい」という言葉だったのです。

置かれた場に不平不満を持ち、他人の出方で幸せになったり不幸せになったりしては、私は環境の奴隷でしかない。

どんなところに置かれても、そこで環境の主人となり自分の花を咲かせようと、決心することができました。

それは「私が変わる」ことによってのみ可能でした。


「咲くということは、しかたがないと諦めることではありません。それは自分が笑顔で幸せに生き、周囲の人々も幸せにすることによって、神が、あなたをここにお植えになったのは間違いでなかったと、証明することなのです。」

どうしても咲けない時もあります。そんな時には無理に咲かなくてもいい。その代わりに、根を下へ下へと降ろして、根を張るのです。次に咲く花が、より大きく、美しいものとなるように。

境遇を選ぶことはできないが、生き方を選ぶことはできる。


■働き

働くことは素晴らしい。しかし、仕事の奴隷になってはいけない。

心にゆとりがないと、自分も他人もいたわれない。


■委ねる

生まれつき勝気なせいもあって、他人に頭を下げて頼むことが嫌いな上に、幼い時から、「自分のことは、自分でしなさい」と、厳しくしつけられていた私は、人に委ねることが下手でした。

委ねることについて学んだこと

一つ目は、委ねるに際しては、相手を信頼しなければいけないということ。

二つ目は、委ねるということは、決して”丸なげ”することではあんく、要所要所でチェックして、委ねっぱなしでないことを相手にわからせるということ。

参加意識を育てるためには、自分でしたくても、他の人に”委ねる”大切さも学びました。

結果がよかったときは、人の功績に。悪かったときは、自分が悪者となる。

委ねるということは、人に感謝するとともに、自分自身に責任を持つということ。


■現実を受け入れる

現実が変わらないなら、悩みに対する心の持ちようを変えてみる。


■自分がしてほしいことを、人に与えなさい。


■心に笑顔を

「自分がされて嬉しいことおを他人にしなさい」という愛の教えを実行したのです。

ところが、わたしのほほえみを無視する人たちがいました。

「今のわたしのほほえみは”神様のポケット”に入ったのだ」と思うようにした。


■子供の手本に

子供は、親や教師の「いう通り」にはなりませんが、親や教師の「する通り」になります。

ですから、子供には、周囲のよい手本がなければならないのです。

「なって欲しい子供の姿」を、親も教師も自ら示す努力をしなければならないということでしょう。


■あなたが大切

いのちは大事だ。いのちを大切に。そんなこと、何千何万回いわれるより、”あなたが大切だ”誰かにそういってもらえるだけで、生きてゆける」


■穴から見えるもの

手術は成功したが、医者から子供が産めなくなったかもしれないと知らされた。結婚を前提に付き合っている男性が、無類の子供好きだったからである。

覚悟を決めて打ち明けた。すると「心配しなくてもいい。僕は、赤ちゃんが産める君と結婚するんじゃなくて、”君”と結婚するんだから」といったという。

自分の人生に空いてしまった”穴”のおかげで、穴が開くまで見えなかったものが見ることができた。

人生にポッカリ開いた穴からこれまで見えなかったものが見えてくる


時間の使い方は、そのままいのちの使い方になる。


■可能性

自分の存在そのものが受け入れられたと知るとき、相談者は恐れげなく語りはじめます。熱心に聴くロジャース博士の態度に勇気づけられて話しているうちに、心の中は徐々に整理され始め、相談者は、抱えている問題を比較的冷静に見つめることができるようになり、自力で解決への道を歩み始めるのです。

ありのままを受け入れたとき、相手の秘めた可能性が開花する。


■目標

目標を立てることは優しくても、達成への道のりは険しく、倒れることもあるでしょう。でも、歩き続けること、倒れたら立ち上がって、また歩き続けることが大切なのです。

倒れても立ち上がり、歩き続けることが大切。

時には立ち止まって休んでもいい。再び歩き出せるかが、目標達成の分かれ道。


■希望

希望には叶わないものもあるが、大切なのは希望を持ち続けること。

希望の喪失は、生きる力の喪失である。心の支えがあれば、どんなつらい状況でも耐え抜くことができる。


一生の終わりに残るものは、我々が集めたものではなく、我々が与えたものだ。


■迷うことができるのも、ひとつの恵。

迷ったときは、「選択の自由」を与えられたと思ってプラスとマイナスを書き出し、その重みによって決める。


■あいさつは「あなたは大切な人」と伝える最良の手段

目立たない仕事をしている人へのあいさつを忘れてはいけない。私たちはお互いに「おかげさま」で生きているのだから。


信頼は98%。あとの2%は相手が間違った時の許しのために取っておく。

この世に完璧な人間などいない。心に2%のゆとりがあれば、相手の間違いを許すことができる。


■大切なのは「人のためにすすんで何かをする」こと。

「人に迷惑をかけない」からもう一歩進んで、「手を差し伸べる」気持ちが愛の実践につながる。


■相手を生かすぬくもりのある言葉を使える自分でありたい。

言葉ほど恐ろしいものはない。使い方を間違えれば凶器にもなる。言葉を無機質なものにしてはいけない。



まとめ
1.境遇を選ぶことはできないが、生き方を選ぶことはできる。
2.子供は、親や教師の「いう通り」にはなりませんが、親や教師の「する通り」になります。
3.”あなたが大切だ”誰かにそういってもらえるだけで、生きてゆける
4.一生の終わりに残るものは、我々が集めたものではなく、我々が与えたものだ。
5.信頼は98%。あとの2%は相手が間違った時の許しのために取っておく。


渡辺和子さん、良い本をありがとうございました。
関連記事

コメントの投稿

秘密

   
勉強家の訪問者数
プロフィール

あなたの胸のドキドキとピカピカの笑顔で加速する!ハートキャッチボクサーエンジン搭載!知の長もの鍛冶屋いのうえゆーや

Author:あなたの胸のドキドキとピカピカの笑顔で加速する!ハートキャッチボクサーエンジン搭載!知の長もの鍛冶屋いのうえゆーや
あなたが良い本と出会えますように!

最新記事
カテゴリ
Pingooランキング
ブログランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング
アクセス解析
FXトレーダー
クリック募金
クリックで救える命がある。
おお様の耳はロバの耳~窓口
聞きたいことがあれば、お気軽にどうぞ。僕が全力でお答えします!

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。