金持ち父さん読んだけど、未だにクワッドランドEの人におすすめの本!

ビジネスオーナーになりたい人が学ぶべき知恵をあなたに届けます。ビジネスオーナー?何になるにも大事なのは「人間力」だろーが!あきらめたら、そこで試合終了ですよ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【おすすめの本】道を開く 松下幸之助


道をひらく道をひらく
(1968/05)
松下 幸之助

商品詳細を見る


【おすすめ度】★★★★★

おはよ!ゆーやです。

今日の本は経営の神様と言われたパナソニック創業者の松下幸之助さんの本です。

すべてのビジネスマンにおすすめします!
読んだ目的:

松下幸之助がどのように考えて成功を収めたのか知るため。


概要、感想:

予想以上で感動しました。。

迷ったとき、どのように考えるべきか原理原則を分かりやすく教えてくれる本です。

松下幸之助が武士のように真剣に、美しく生きてきたからこそ、結果として成功できたのだと胸にしみました。


結論:

あなたの生きる道はあなただけのかけがえのない道。

成功に近道はない。

真剣に考え、真剣に生きよ。


以下、エッセンス。


■雨が降れば傘を開く この素直な心 自然な心のなかにこそ 物事のありのままの姿 真実をつかむ偉大な力がある


■道

自分には自分に与えられた道がある。自分だけしか歩めない。

他人の道に心をうばわれ、思案にくれて立ちすくんでいても、道は少しもひらけない。

道をひらくためには、まず歩まねばならぬ。


■素直に生きる

与えられた境涯に素直に生きることである。

謙虚の心を忘れぬことである。

素直さを失ったとき、逆境は卑屈を生み、順境は自惚れを生む。

素直さは人を強く正しく聡明にする。


■志

志をたてよう。

大事なことは、みずからの志である。みずからの態度である。

千万人ともいえども我ゆかんの烈々たる勇気である。実行力である。


■真剣勝負

真剣勝負ともなれば、一閃がただちに生命にかかわる。

人生は真剣勝負である。

真剣になるかならないか、その度合いによってその人の人生はきまる。


■人事をつくして

人事をつくして天命を待つ。

人としてなしうるかぎりの力をつくして、そのうえで、静かに起こってくる事態を待つ。


■日に三転す

君子は日に三転す

一日に三度も考えが変わるということは、すなわちそれだけ新たなものを見出し、生み出しているから。

ともすれば、変わることにおそれを持ち、変えることに不安をもつ。

しかしそれはすでに何かにとらわれた姿ではあるまいか。


■くふうする生活

とにかく考えてみること、くふうしてみること、そしてやってみること。

失敗すればやりなおせばいい。

やりなおしてダメなら、もう一度くふうし、もう一度やり直せばいい。

失敗することを恐るよりも、生活にくふうのないことを恐れたほうがいい。


■人間だけが

自分に都合が悪くなったからといって、平気で約束を破るというは、これはまさに動物の世界。

人間だけが、おたがいにかわした約束は、これをキチンと守るという天与の高い精神の働きを持っているのである。


■命を下す

たてえ命令がなくとも、以心伝心、命ずる人の意を汲んで、それぞれの人が適時適確にすすんで事を運んでゆく。

そのためには、命を下す前に、まず人のいうことに耳をかたむけることである。

まず聞くことである。

聞いた上で問うことである。

そして、そこにわが思いと異なるところがあれば、その気づかざる点を気づかしめ、思いいたらざる点の理非を説く。

命を受ける人に納得があるということは、その人の知恵をがそれだけ高まったということである。


■判断と実行と

万が一にも誤りのない100パーセント正しい判断なんてまずできるものではない。

人間としては、せいぜい60パーセントというところ


60パーセントの見通しと確信ができたならば、その判断はおおむね妥当とみるべきであろう。

その後は、勇気である。実行力である。


■眼前の小利

眼前の小利にとらわれるな。小利にとらわれては結局は損をする。


■止めを刺す

ものごとをしっかりとたしかめ、最後の最後まで見極めて、キチンと徹底した処理をすること、それが昔の武士たちのいちばん大事な心がけとされたのである。


■思い悩む

わからなければ、人に聞くことである。

己のカラにとじこもらないで、素直に謙虚に人の教えに耳をかたむけることである。

おたがいに、思い悩み、迷い憂えることを恥じるよりも、いつまでも己のカラにとじこもって、人の教えを乞わないことを恥じたいと思うのである


■困っても困らない

断じて行えば、鬼神でもこれを避けるという。

困難を困難とせず、思いを新たに、決意をかたく歩めば、困難がかえって飛躍の土台石となるのである。

困っても困らないことである。


■転んでも

失敗することを恐るよりも、真剣でないことを恐れたほうがいい。

真剣ならば、たとえ失敗しても、ただは起きぬだけの十分な心がまえができてくる。


■失敗か、成功か

一つでも成功した限りは、他の九十九にも成功の可能性があるということではないか。


■ものの道理

努力もせずに濡れ手にアワみたいなことをやってみても、それは虫が良すぎるというもの。

一時はそれですごせても、けっして長続きはしない。

結局は失敗ということになる。

これがものの道理。

この道理をはずれた望みを持つというのは、それこそ欲が深いというものである。


■一人の知恵

わからないことは聞くことである。

知らないことは尋ねることである。

たとえわかっていると思うことでも、もう一度、人にきいてみることである。

相手がどんな人であろうと、こちらに謙虚な気持ちがあるならば、思わぬ知恵が与えられる。

衆知を集めるとは、こんな姿をいうのである。


■一陽来復

窮境に立つということは、身をもって知る尊いチャンスではあるまいか。

得難い体得の機会ではあるまいか。

そう考えれば、苦しい中ににも勇気が出る。


■自分の仕事

自分の仕事は世の中の仕事であるということを忘れたら、それはとらわれた野心となる。

大切なことは、世の中にやらせてもらっているこの仕事を、誠実に謙虚に、そして熱心にやることである。


■楽をするくふうをしろ


■しかも早く

今日は、時は金なりの時代である。

念入りに、しかも早くというのが、今日の名人芸なのである。


■引き付ける

誠実な熱意にあふれていたならば、そこから必ずよい仕事が生まれてくる

その人の誠実な熱意が目に見えない力となって、自然に周囲の人を引き付ける。

そこから仕事ができてくる。人の助けで、できてくる。


■追求する

命じたからには、これを追求しなければならぬ。

それが命じたものの責任である。


■わが身につながる

すべてを他人のせいにしてしまいたいのは、人情の常であろうけれども、それは実に勇気なき姿である。心弱き姿である。


■教えなければ

教えることに、もっと熱意をもちたい。そして、教えられることに、もっと謙虚でありたい。

教えずしては、何ものも生まれてはこないのである。


■自分の非

自分の非を素直に認め、いつでもこれに殉ずる。

この心がまえをつねひごろからおたがいに十分に養っておきたいものである。


■勤勉の徳

勤勉は喜びを生み、信用を生み、そして富を生む。

人間のいわばひとつの大事な得である。

徳である限り、これを積むには不断の努力がいる。


■国の道

いかにわが道をひらく精進を重ねても、国としての道がひらけていなければ、所詮それは砂上の楼閣


■信念のもとに

信念に生きることの尊さには、すこしも変わりない。


■日本よい国

日本はよい国である。こんな良い国は、世界にもあまりない。

だから、このよい国をさらによくして、みんなが仲良く、身も心もゆたかに暮らしたい。

日本人としての誇りを、おたがいに持ち直してみたい。



まとめ:
1.自分には与えられた道がある。
2.君子は日に三転す→考え続ければ、良いアイデアが生まれる。変えることを恐るな!
3.誠実な熱意にあふれていたならば、そこから必ずよい仕事が生まれてくる→熱意が人を惹きつけ、助けてくれる。
4.思い悩むな→謙虚に人に聞け!人に教えを乞わないことこそ恥としれ!
5.いかにわが道をひらく精進を重ねても、国としての道がひらけていなければ、所詮それは砂上の楼閣。→わが道、わが仕事の先に、国を豊かにするものをもつべき!


励まされました!

松下幸之助さん、良い本をありがとうございました!
関連記事

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

tag : 松下幸之助 励み

コメントの投稿

秘密

   
勉強家の訪問者数
プロフィール

あなたの胸のドキドキとピカピカの笑顔で加速する!ハートキャッチボクサーエンジン搭載!知の長もの鍛冶屋いのうえゆーや

Author:あなたの胸のドキドキとピカピカの笑顔で加速する!ハートキャッチボクサーエンジン搭載!知の長もの鍛冶屋いのうえゆーや
あなたが良い本と出会えますように!

最新記事
カテゴリ
Pingooランキング
ブログランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング
アクセス解析
FXトレーダー
クリック募金
クリックで救える命がある。
おお様の耳はロバの耳~窓口
聞きたいことがあれば、お気軽にどうぞ。僕が全力でお答えします!

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。