金持ち父さん読んだけど、未だにクワッドランドEの人におすすめの本!

ビジネスオーナーになりたい人が学ぶべき知恵をあなたに届けます。ビジネスオーナー?何になるにも大事なのは「人間力」だろーが!あきらめたら、そこで試合終了ですよ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【おすすめの本】人生の目的が見つかる魔法の杖 西田文郎


人生の目的が見つかる魔法の杖人生の目的が見つかる魔法の杖
(2004/07/02)
西田 文郎

商品詳細を見る


【おすすめ度】★★★★☆

読んだ目的:

人生の目的とは何か?考えてみると意外と難しい。それを知るため。

成功する人は夢・目標・目的がはっきりしていると言う。自分の夢もはっきりさせて、成功し、幸せになるため。

感想、概要:

読んだだけでは目的が見つかるわけではありませんでした。正しく見つけるためのガイドブックです。

自分だけの幸せを追い求めると心に穴が空き、人の幸せを追い求めると幸せになれると教えてくれました。

脳科学の視点からの説明もあり、分かりやすかった。


結論:

人を幸せにすることを人生の目的とせよ。


以下、エッセンス。


人生の目的

一流のスポーツ選手も、練習中は苦しいと思っている。

しかし、辛いとは思わない。それを克服する「魔法の杖」を持っているから。

それが人生の目的である。

人生の目的は、楽しいものでなければ意味がない。

人生の目的とは頭で考えるのではなく、心で感じるものである。


■「社会的な成功」を本気になって目指せば目指すほど、バーンアウトがやってくる。

成功したいという欲求は、満たされ続けるといずれ飽きてしまう。

いつまでも満たされないと努力することが辛くなる。

勝ちたい欲求だから、ストレスがたまる。

過酷な競争に勝ちたい欲求だから、「人間的な成功」を犠牲にしやすい。

人間的成功を犠牲にしているとだんだん淋しくなり、心に穴があいて、「これでよいのだろうか」という疑問が湧いてくる。


■人生とは、生きるものであると同時に、何かのために使うものである。


■目的は与えられるものではなく、自分で見つけ出すものである。

したいこのとない自分、目的のない自分に悩んだり、傷ついたりしながら、「何のために働くのか」「何のために生きるのか」を、自分自身で見つけ出す必要がある。


■目標だけを追うな

あなたには目標がないのか、目的がないのか。自分にはいったいどちらがないのか、はっきりさせておく必要がある。

そうでないと、「金持ちになるのが人生の目的だ」などという、淋しい錯覚を抱く人も出てくる。

お金とは人生と同様、何かのために使うもの。

その何かがないと、やがてお金を貯めることが虚しくなる。


■人間は放っておくと、自然とマイナス思考になってしまう。

動物が目の前の危険に反応するのに対して、人間は悪い未来を想定し、そうならないように努力する危機管理能力が抜群に強かった。

私たちがマイナス思考を得意とするのも、そこに理由がある。放っておけば、たいていの人は知らないうちにマイナス思考になっている。「成功できる」確信できず、「失敗したらどうしよう」と発想してしまう。

「いかにしたら危険を回避できるか」これこそマイナス思考の正体。


■目的とは、何を最高の価値として生きるかの問題である。

家族の幸せという目的意識のない人が、家を買っても、後で後悔することになる。

目的は、目標を具体化する。


■人生の目的は、必ず自分か他人かのどちらかに行き着く

人が感じる幸せの種類は2つしかない。

自分を喜ばせる幸せか、

自分以外を喜ばせる幸せか。

人生の目的もこの2つの幸せのどちらかに行き着く。



■真の成功者は、みんな何のために生きるかを知っていた

ビジネスの本質はどんな商売でも、「自分以外を喜ばせる幸せ」にある。

努力が辛いと思う人間は、まちがいなく自分のためだけに努力している。


■死をイメージしろ

タイムリミットを意識しないと、人間は「いつでもできる」と思ってしまう

タイムリミットは、目標をはっきりさせる。プロセスを具体化する。

タイムリミットを意識すると、今成すべきことが明確になる。

人生の終わりをイメージすると、自分が本当は何をやりたいと望んでいたかが明らかになる。


■死ぬときにもツキと運がある

ツキのない生き方をしてきた人は、死ぬときもツイていない。

人を大切にしていないと、死ぬときも大切にしてもらえない。

お金や地位を大切にしても、死に対してはほとんど役に立たない。


■人生の成功とは、社会的成功と人間的成功がある

社会的成功は、競争(自分を喜ばせる幸せ)の原理に基づいている。

人間的成功は、親愛(自分以外を喜ばせる幸せ)の原理に基づいている。

人間的な成功こそ最も大切という組織は宗教団体だ。


■「自分以外を喜ばせる幸せ」のための努力は、努力すればするほど、「これでよい」という自身がわいてくる。より大きな自信と勇気が生まれる。

人との絆が感じられると、人間はプラス感情になり、安心して、目の前の課題に100%の力を発揮するようになる。

私たちにとって、最も大切なのは人とのつながりであるとわかる。

つながりを確信すると、IRA(脳の一部)にプラスの感情が生まれ、不安や恐れを克服できる。

そのプラス感情は、プラスイメージ、プラス思考を生み出し、どんな困難でも乗り越えていける勇気と信念を与えてくれる。


■準備期(0~10歳) 感情脳

この時期にある子供は、たっぷりと愛情を注いで育てることが大切で、たくさんの愛情を注がれるほど、自分はまわりに受け入れられている、他人に承認されているという安心感がIRAに生まれる。

その無意識の安心感が将来、肯定的な自己評価となり、前向きに自分の道を切り開いていくような、積極的な生き方の核になる。


■師をもて

師を持つと素直になり、物事をすんなり吸収できる。

迷わなくなる。

向上心が出てくる。

素直さのエネルギーが出て、がむしゃらにやれる。


■成功する人は、一度どん底を経験している

一般の人が必死で守ろうとしている、自分の枠がないのである。

どこかで壊してきた経験をもっている。

失敗は自分を壊し、変えるチャンスだ。

変えられるのは状況ではなく、自分だけだ。

自分を変えることで状況も変わってくるというのが、困難というものの性質である。


■人を喜ばせろ

自分を喜ばせる幸せだけを追求していると、後ろめたさや罪悪感が生まれる。

自分が好きになれない。

人も好きになれない。だから孤独になり、心に穴があく。いつも不安であり、安らぎがない。

自分以外を喜ばせる幸せを追求していると、自分が好きになる。

自分の苦労が気にならなくなる。

そのプロセス自体が人を喜ばせるから、必ず努力が報われる。

共鳴し、助けてくれる人が現れる。


■生きること自体はじつにつまらない

美しい南海の島で、たった一人で生きることを想像してみる。

海辺の砂浜で美しいダイアモンドを発見したとしても、面白くもなんともない。

私たちの人生を面白くし、輝かせてくれるのは、いつも他人である。

だから自分一人の成功だけを求めて生きることは、あまり面白くない。


「お前を産んで、本当によかった」

母親に認められることは、子供にとって最大の喜びです。

この「産んでよかった」は、その子の存在を手放しで認め、100%肯定する究極の褒め言葉。


まとめ:
1.死をイメージして、自分がやりたいことを発見せよ。
2.最も大切なのは、人とのつながり。
3.他人を喜ばせる幸せを見つけよ。
4.失敗は自分を壊し、変えるチャンスだ。
5.子供に「お前を産んで、本当によかった」と言おう。
関連記事

テーマ : オススメの本
ジャンル : 本・雑誌

tag : 人生の目的 見つける

コメントの投稿

秘密

   
勉強家の訪問者数
プロフィール

あなたの胸のドキドキとピカピカの笑顔で加速する!ハートキャッチボクサーエンジン搭載!知の長もの鍛冶屋いのうえゆーや

Author:あなたの胸のドキドキとピカピカの笑顔で加速する!ハートキャッチボクサーエンジン搭載!知の長もの鍛冶屋いのうえゆーや
あなたが良い本と出会えますように!

最新記事
カテゴリ
Pingooランキング
ブログランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング
アクセス解析
FXトレーダー
クリック募金
クリックで救える命がある。
おお様の耳はロバの耳~窓口
聞きたいことがあれば、お気軽にどうぞ。僕が全力でお答えします!

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。