金持ち父さん読んだけど、未だにクワッドランドEの人におすすめの本!

ビジネスオーナーになりたい人が学ぶべき知恵をあなたに届けます。ビジネスオーナー?何になるにも大事なのは「人間力」だろーが!あきらめたら、そこで試合終了ですよ。

 

生き方、心★3

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★★★☆☆「ストレスの整理」が上手い人下手な人 和田秀樹


「ストレスの整理」が上手い人下手な人 (新講社ワイド新書)「ストレスの整理」が上手い人下手な人 (新講社ワイド新書)
(2009/10/01)
和田 秀樹

商品詳細を見る


【おすすめ度】★★★☆☆

職場のストレスやうつ病に悩んでいる人、心のしくみについて知りたい人におすすめです。


僕はうつ病になったことがあり、再発させないために読みました。

うつ病になった原因は上司のパワハラでした。

何をやっても怒鳴る、認めない、罵倒する、しまいには暴力。

全て自分が悪いのだと自分を責める続け、仕事をしている意味がまったく感じられなくなり、壊れてしまいました。

今更ながら本書を読み、これを知っておけば、もうすこし自分を助けられたなと思うのは、

・パワハラを受けた場合、メモや録音をとる。
・会社より自分の人生。会社の人間関係は仕事のためで、自分の人生のためではない。
・感じたことと事実は違う。認知の歪みに気づこう。

というところ。

僕の場合は妻によく話を聞いてもらっていました。

「今日も怒られたんだ。」と。

そして、いつも味方してくれました。

「悪い上司ね。」と。

身近な人に状況をわかってもらえてた、味方がいうというのが、絶望の淵に立たずにすんだ救いであったと思います。

自分の情けない姿を人にさらすというのは、恥ずかしいし、日本人の最も苦手とする部分でもありますが、自分が壊れたあとでは余計に迷惑をかけることになります。そうなるまえに話していまいましょう。

人は一人では生きていけません。支えあって生きるのです。

会社に人生をのっとられないように、あなたもたまには自分自身と真剣に向き合ってみましょう。


以下、本文中のエッセンス。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

★★★☆☆間抜けの構造 ビートたけし


間抜けの構造 (新潮新書)間抜けの構造 (新潮新書)
(2012/10/17)
ビートたけし

商品詳細を見る


【おすすめ度】★★★☆☆

会話、会話の中の間について学びたい人、芸人目指す人におすすめ。
ビジネススキルを求める人にはあまりおすすめできないかな。


読んだ目的:

最近話題になって、気になっていたので手に読んでみました。


概要、感想:

タイトルのとおり、いい間、悪い間、それぞれについて教えてくれます。

ビジネスに向かないかな?と思いながら読んでいくと、時々あっと思う言葉も発見。

そういうジャンルを超えて共通する大切なものが、原理原則の一つなんだなと実感。


結論:

気になってた人がどんな本か、知ってもらえれば幸いかな。


以下、エッセンス。

続きを読む

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

【おすすめの本】あなたの悩みが世界を救う!神田昌典


あなたの悩みが世界を救う!―不条理な世の中を生き抜くための人生バイブルあなたの悩みが世界を救う!―不条理な世の中を生き抜くための人生バイブル
(2006/12/15)
神田 昌典

商品詳細を見る


【おすすめ度】★★★☆☆

読んだ目的:

・人の悩みを解決して、ビジネスにできる話があるのでは?と思ったため。
・僕の悩みで世界がどんな風に救えるのか知りたかったため。


概要、感想:

実際に悩んでいる人からの手紙に、神田さんが答える、というもの。

例えば、
・32歳のサラリーマンが、企業のアイデアが浮かばない
から、
・29年間彼女がいません。
・社長のセクハラに苦しんでいます。
・子供をどう育てて言ったらいいか、教育方針がわかりません。
など。

経営コンサルタントの神田さんに何で?っと思うような質問もたくさんありました。

本文となる回答は、珍しく話し言葉で書かれていました。ズバズバと答えていく様子が面白かった。

普通の人の泥臭い現実にも、神田さんの知識、考え方がキラリとひかりますね。

軽いノリの文章ですが、普通の人の悩みも、ビジネスに変えるチャンスがあることを気づかせてくれました。


結論:
・人の悩みは共通していることが多い。
・悩みの解決方法は、ビジネスのたねになる。


以下、エッセンス。

■口先だけの上司で、人間関係に困っているという質問。

・上司とは管理者と定義づけていると、強制することで自分の地位を安定させる。

・上司とは教師であると定義づけると、仕事は生徒が学びやすい環境を整えることになる。

・上司の顧客対応のレベルの低さが見えているということは、あなたに顧客対応のセンスがあるということ。あなたのパワーを、社内教育システムを学び、自社に提案したらどうだろうか?


■新人社員のマナーの悪さをどう指導したらよいかという質問

・ビジネスチャンスとは、社会で新たに起こりつつある状況と、現状とのギャップを埋める作業。ギャップに橋をかけること。

・どのような研修プログラムが必要か?できることはたくさんある。


■女性専務から職場で嫌がらせを受けているという質問

・あなたが独立や転職をするのは賛成。しかし、目の前の仕事をやって、実績をつくってから。


■どうしたら嫌なことに「NO」と言えるのか?という質問。

いままでは自身のなさや自尊心の低さが、「No」と言えない原因になっていたんだよね。ところが、無理やり「No」と言うようにしたら、逆に相手がこちらを尊重するようになった

・原則1:「お願いします」は言わない。お願いされる側にまわること。
・原則2:「ありがとうございます」ではなく、「どういたしまして」と必ずいうこと。
・原則3:金額については、相手から提示させること。自分が思うより低い金額であれば、表情を変えずに、「とても取引できる内容ではございません。」と率直にいうこと。

・3回、断ってごらん。世界が変わるから。自分が変われば、世界が変わる。面白い実験だよ。


■3代100年続く家業の先行きが不安でたまりません。

・親子3代も続くビジネスというのは、それだけですごい資産なのだ。

・営業しなくても、既存の取引先がある。
・100年続いているという、のれんが使える。

・まず、おじいさんが生きているのなら、おじいさんの話を聞く。太平洋戦争のとき、どうやって商売を盛り立てていったのか?

・おじいさんが他界されているのだったら、お父さんに、同じことを聞く。そこには、どんな英雄物語よりもカッコイイ英雄がいるはずだ。起業家魂が宿っているはずだ。

・これからの日本や世界に必要なのは、「食育」なんだよ。食を通じて、自分自身について、そして世界について、教える事なんだ。ロンドンやニューヨークでは和菓子がはやってきている。あながた持っている日本の伝統と起業家スピリットを持ち込むのだ。


■「年上部下」との人間関係がうまくいきません。

・あなたが親鳥になって、年上部下に餌を与えること。

・あなたは入社時から電子メール時代で、インターネットと共に生きてきたわけでしょう。それに対して、10歳年上の45歳なんて、入社時にはまだワープロだってほとんどなかった。

・たとえば、マルチリンガルのホームページをつくって、海外検索エンジンでキーワード広告をやってみればいい。

・顧客に見せる商品のプレゼンテーションやデモンストレーションにしても、ホームページ上で映像を用意しておくだけでいい。

・あなたが、海外の新規客を獲得するマーケティングシステムをつくって、次から次へと顧客を引っ張ってくる。


■凡人の私を、最強のコピーライターにしてください。という相談。

・磨きたいスキルのナンバーワンは、文章力だね。紙とペンだけで稼げる。

・時間を生み出す接点に必ずあるのは、言葉なんだ。

・「どの言葉が顧客の心に届きやすいのか?」「どのような文章パターンが顧客の心を動かしやすいのか?」というノウハウは、ダイレクト・レスポンス・マーケッティングの分野で、100年以上も研究されている。

・そのノウハウの根本は、分かりやすく表現することなんだ。


■美輪明宏さんとは違う「ほんの1gだけラクになる生き方」を教えてください。

・自分が悩んでいることが、最も人を幸せにできる。

悩みは、実はチャンスが形を変えたもの。


■飛び込み営業での「初対面恐怖症」を克服したいので、特効薬をください。

・人は移動するのが面倒になってきている。だから、足で集めた情報を分析してレポートにすれば、高く売れる。

・名刺を渡して、その会社に役に立つ情報をいつか提供してあげようと思っていると、ある日突然声をかけられる。そしたら売り込みはいっさいしないで、社長との会話を楽しもう。


■株式上場するべきか、やめるべきか、迷っています。

・上場企業になった途端、会社は株主のもの。自分のものじゃない。

・どちらが得かを考えているんでしょう?だったら、上場企業の社長はやめておいたほうがいいよ。

・社会貢献のために覚悟を決めて上場する。


■58歳になる団塊世代の私でもできる、定年後の起業ネタを教えてください。

・古きものと新しきものの出会い・・・それ自体が、ビジネスチャンスということ。

・若手起業家にとっては、老舗企業と取引している事自体が金融機関への信用になるし、なおかつ企業規模が大きいから一度入り込んでしまえば、でっかい仕事ができる。


■社内ベンチャーのあつれきにも、めげずに生き残る方法を教えてください。

・社内ベンチャーが立ち上がるためには、つぎの3つが必要。
・立ち上げに必要な技術、資金、人材等のリソース
・事業立ち上げをサポートする文化
・事業立ち上げ時に必要な行動を評価する評価制度


■借金が1000万円近くあり、事業を継続すべきか、サラリーマンに戻るべきか、悩んでいます。

・クレームを言っていた顧客は運をもたらすから、直接、会いに行ってください。


■自分流のダンススタイルでいくべきか、時流に合わせたものにすべきか、悩んでいます。

・ただ、本質に気づいてしまう人には、本質を伝える義務があるのではないかと、私は思う。そうでなければ、本質的な、気づきが降りてくるはずがないから。


■「水増し請求業者」に対抗する対処法を教えてください。

・付き合いたくないお客に労力をとられ、本当に付き合うべき優良な顧客に労力を注ぐことができなくなる。

相手を恫喝して自分のいいようにあやつろうとするヤツらを、「精神的吸血鬼」と読んでいる。相手を恫喝することで、自分が元気になる輩だ。吸血鬼は自身のない人を狙ってくる。なぜなら、本質的に自分jが卑しい存在なのを知っているから、自分よりも正しい存在の前にはでることができないんだ。吸血鬼に血を吸わせてはならない。

ビジネスをやるうえで、絶対に貶めてはいけないもの・・・それは「自尊心」なのです


■お金がたまりません。神田式投資法&貯蓄術を教えてください。

・大事なのは、お金が流れる方向なんだ。

・100円でも、200円でもいいから、あなたのほうに向かってくる流れを多く作ること。100円、200円の流れを作れる人は、1000万円、2000万円の流れをつくれるんだ。


■瀕死の状態を救ってくれた恩人と経営方針の違いに遭遇し、決別すべきかどうかで悩んでいます。

・同じ質問を小学生にしてみたら、どうなると思う?満場一致で、恩人を助けるべきだと答えるよ。

危機や障害にぶつかったときに、どういう対応を父親はするか?それを子供や社員は、しっかり見ている。危機に直面したときほど人間性が現れる。危機の際の対応が、あなたの会社や家族の文化となっていくんだ。


■ナルシスト系と呼ばれ、職場で浮いています。

・私の周りにいる社長連中は、みんなオシャレ。

・業績のいい社長ほど、ファッションに興味を持ち、自分に似合うスタイルを知っているナルシスト系なのだ。(これを彼らはパーソナルブランディングと呼んでいる。)

・群れている男より、孤独に強い男の方がよほどカッコイイ。理解されないことをやり続ける姿や、批判され傷つきながらも突き通す姿・・・それって男の、究極の色気だよ。


■ビジネスがうまくいっているときほど、家庭がおかしくなるのはなぜ?

・緊急事態です。仕事は一刻も早く部下に任せ、あなたは家庭に真剣に関わってください。


■分譲でいくか、賃貸でいくか非常に迷っています。

・住家を考える際に検討してもらいたいのは、次の3つだ。
・親に依存するのではなく、自立できるのか?
・人間的なつながりのある場所に住めるかどうかだよ。公園があって、神社があって、昔ながらの商店街がある。こういう当たり前のコミュニティがあるかどうか?
・いざとなったときに、大切な人を看取れるかどうか?


■子供をどう育てていったらいいか、教育方針がわかりません。

・これから10年~20年後の世の中は、旧来の価値観が失われ、何もないところから、新しい価値観を築き上げる作業が行われる。その際に最も必要とされるのは、ヴィジョンだ。

・子供に夢のある未来を見せられるか、だと思う。


■「ありがとう」と唱えながらトイレ掃除をすると、本当に運がよくなるのでしょうか?

・「ありがとう」「ありがとう」と唱えながら、トイレ掃除するのは、おそらく効果抜群だと思う。

・この一連のプロセスは、瞑想に入っていくのと同じ方法論なんだ。

・トイレ掃除をしている間に驚く程アイデアが生まれれるということもあるだろう。


■人に騙されやすく、人を見抜く目が全然ありません。どうしたらいいのでしょうか?

・原因はあなたの罪悪感。自分は「こんなに幸せに値する人間じゃないんだ」という気持ちが、心の深層にあるのでは?

・子供の時に、何か人に言えないような悪いことをして、それを封印してしまったのでは?もしそうなら、自分を許してあげるようにする。

・自分を許すことができれば、ウソのように人から騙されるパターンは怒らなくなる。

・強制的にお金が出て行ってしまう前に、しかるべき人に受け取ってもらった方が賢いというのが、ユダヤ人の考え方。

・寄付は、お金にも名声にも執着しないことの大切さを学ぶためでに行うのであって、それを節税やブランドのために行うなんていうのは、本末転倒。


■MBAは本当に役に立つのでしょうか?

・MBA留学することで手に入れられる価値のあるものは、知識ではない。異質なものを取り込める器なんだ。経験を積み、器を広げることを目的に、MBAにチャレンジするといいんじゃないかな?


■このままバントマンでいうか、ネットでビジネスを始めるか、迷っています。

・いままでは映像を配信できる企業は、テレビ広告枠を買い取れる大企業に限られていた。ところが、、映像配信コストがゼロになった現在、全国200万の会社、はたまた個人事業主に至るまで、すべての事業でコマーシャル・フィルムを始められるということだ。


■あとがき

・その悩みを乗り越えて、自分なりの解を得る。その解は、自分だけのものではなくて、社会全体にとって最適をもたらす解になるんだ。



まとめ:
・悩みはチャンスが形をかえたもの。
・危機に面した時ほど、人間性があらわれる。


神田昌典さん、良い本をありがとうございました。

【おすすめの本】変な人の書いたツイてる話2 斎藤一人


変な人の書いたツイてる話〈PART2〉変な人の書いたツイてる話〈PART2〉
(2000/09)
斎藤 一人

商品詳細を見る


【おすすめ度】★★★☆☆

読んだ目的:
前作を読み、続編も読もうと思った。
ひとりさんの本は、簡単なことばで大切なことを教えてもらえるから。

感想:
気持ちが楽になります。
親しみやすい言葉が好きです。

結論:
「そうだね、わかるよ」と言う。


以下、エッセンス。

■「そうだね、わかるよ」
 と、まずこれを言うんです。そこではじめて
 「こいつは俺の仲間なんだ」
 と思ってくれる。

■お金はお金が好きな人のところへ来る

■お札ありますよね、ぐちゃぐちゃにしていてはダメですよ。
 ちゃんとそろえてあげてください。
 ちゃんと顔の向きを揃えて、きちんと折り曲げて持ってください。

■人間、「ダメなのよ、ダメなのよ」と言われると、
 ダメなような気になってしまうのです。

この商品なら、「人に教えてあげたくてしかたがない」
 ぐらいに惚れ込めば、ものは売れるんです。


「この人にすべての良きことがなだれのごとく起きます」
 これを言うんだよ。


■人間は魂の修行のなかで二つやらなければならないことがあるとしたら、
 ひとつは、知っていることをもったいつけず教えること。
 二つ目は、知らないことを素直に聞けること。

■渡り鳥に、おんぶされている鳥はいません。
 みんな自分の羽で飛んでいるんですよ。
 助け合いというのはもたれ合いではないんです。


まとめ:
1.「そうだね、わかるよ」と言う
2.あなたに良いことがなだれのごとく起きますように!


斎藤一人さん、良い本をありがとうございました。


勉強家の訪問者数
プロフィール

あなたの胸のドキドキとピカピカの笑顔で加速する!ハートキャッチボクサーエンジン搭載!知の長もの鍛冶屋いのうえゆーや

Author:あなたの胸のドキドキとピカピカの笑顔で加速する!ハートキャッチボクサーエンジン搭載!知の長もの鍛冶屋いのうえゆーや
あなたが良い本と出会えますように!

最新記事
カテゴリ
Pingooランキング
ブログランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング
アクセス解析
FXトレーダー
クリック募金
クリックで救える命がある。
おお様の耳はロバの耳~窓口
聞きたいことがあれば、お気軽にどうぞ。僕が全力でお答えします!

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。