金持ち父さん読んだけど、未だにクワッドランドEの人におすすめの本!

ビジネスオーナーになりたい人が学ぶべき知恵をあなたに届けます。ビジネスオーナー?何になるにも大事なのは「人間力」だろーが!あきらめたら、そこで試合終了ですよ。

 

経営術★5

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★★★★★結局「仕組み」を作った人が勝っている


新版 結局「仕組み」を作った人が勝っている―驚異の自動収入システムは今も回り続けていた! (知恵の森文庫)新版 結局「仕組み」を作った人が勝っている―驚異の自動収入システムは今も回り続けていた! (知恵の森文庫)
(2013/01/10)
荒濱 一、高橋 学

商品詳細を見る


【おすすめ度】★★★★★

自分が働かなくても収入を得る仕組みを知りたい人におすすめ!


読んだ目的:

不労働取得をつくる方法を知りたかったから。


概要、感想:

誰もが羨む自動収入システムをつくった人たち。

結果的にうまく機能したから勝ち組になっています。

しかし、その成功した仕組みをつくるまでにはたくさんの失敗と努力があるわけです。

また、どの方法も個性的で、誰かの真似の上で成り立っているものはないと感じました。

自分で考えるのが一番だなと感じました。


結論:

自動収入システムは一朝一夕にできるものではない。
自分で考え、個性的なシステムを作って試せ!


以下、エッセンス。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

【おすすめの本】時代を読んでひとり勝ち 小俣貫太


斎藤一人時代を読んで「ひとり勝ち」!―日本一のお金持ちが教える「経済」の話 (知的生きかた文庫―LIFE (お40-3))斎藤一人時代を読んで「ひとり勝ち」!―日本一のお金持ちが教える「経済」の話 (知的生きかた文庫―LIFE (お40-3))
(2006/01)
小俣 貫太

商品詳細を見る


【おすすめ度】★★★★★

おはよーございます!ゆーやです。

読んだ目的:

時代の読み方って、どうやるのか?

日本一の商人はどのように日本市場を見ているのか?

を知りたかったから。


感想、概要:

ひとりさんがどのような目で日本を見、考えているのかが分かりました。

視点が大きい!につきますね。目からウロコです。

斎藤一人さんの本は何冊か読んで取り上げていますが、鋭く的確な意見がざくざく出てきます。

2006年の出版となっていますが、この2013年でもまさしくこの通りになっています。

ビジネスに関わる人だけでなく、全ての人に読んでもらいたい本です。


結論:

時代の大きな動きがわかる。

自分がどう動けばいいか見えてくる。


以下、エッセンス

■時代の流れを決めているのはモノの出現ではなく、その時代の人が何を好むか?で決まる。


■安いものが入ってくるから物価は下がる。
     ↓
 企業も人を雇わなくなる。
     ↓
 失業率が改善しない。
     ↓
 テレビは不況と思い、放送する。
     ↓
 お金を使わなくなる。
     ↓
 不況になる。


■今のデフレの原因とは?
     ↓ 
 世界がモノ余り
     ↓
 生産過剰で物価が下がる。


■モノ余りの原因は?

 戦争がない。モノを壊して消費しない。

 中国が安い人件費でモノをつくる。

 もし中国が上がっても、生産がアフリカへ流れる。

 100年のデフレとなる。


■人余りの時代になる。

 普通の人さえいらないようになる。

 頭脳労働力が必要。


■大きいものほど有利な時代は終わり。

 ここからは「ひとり勝ち」「自己責任と実力本位の経営」の時代

 自分で決めて、自分でやる。

 みんなの調整で時間がかかるとチャンスが逃げていく。


■小ロットで何十種類の生産をするべき。

 個人経営で独断が早いのがいい。

 自分の要求を個別に満たしてくれる商品が売れる。


■新しいお客さんを増やすというのは、昔の価値観。

 今は目の前のお客さんをまずは喜ばすこと。


■これからは、トップ絶対→スピードが重要。


■顧客満足の組織にするには、従業員満足が必要。

 人は感情で動く。


■これからは人柄社会。

 モノ余りの時代で、顧客満足させるには、人柄が大事になる。

 人を傷つけちゃいけないよ。


■個別対応→流行の小規模化

 おもしろさ、新しさ→流行の短期化

 これからは大流行なんてはしないよ。


■土地価はもっと下がるよ。

 貸家の方が安いよ。


■これから企業は値下げ合戦だよ。


■日本の治安の良さは資源なんだよ。


■少子化社会で高齢者が増えるよ。

 多いものは大切にされないよ。自分で働く必要が出てくるよ。


■政治家は経済観念がないよ。

 稼ぐところから税金を取るのだもの。働いてる人は活力を失っちゃうよ。


■夜間働くお母さんが増えるよ。

 夜間子供をあずかってくれるところは、民間の託児所しかないんだよ。



まとめ:
1.これからはモノ余りで100年のデフレ時代。
2.小回りのきく、スピード判断できるビジネスがよい。
3.モノ余りの時代で、人が買うのは人柄。
4.高齢化社会では、自分で働かなくちゃいけなくなる。



斎藤ひとりさん、小俣貫太さん、良い本をありがとうございました!


勉強家の訪問者数
プロフィール

あなたの胸のドキドキとピカピカの笑顔で加速する!ハートキャッチボクサーエンジン搭載!知の長もの鍛冶屋いのうえゆーや

Author:あなたの胸のドキドキとピカピカの笑顔で加速する!ハートキャッチボクサーエンジン搭載!知の長もの鍛冶屋いのうえゆーや
あなたが良い本と出会えますように!

最新記事
カテゴリ
Pingooランキング
ブログランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング
アクセス解析
FXトレーダー
クリック募金
クリックで救える命がある。
おお様の耳はロバの耳~窓口
聞きたいことがあれば、お気軽にどうぞ。僕が全力でお答えします!

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。